健康保険の仕組み

時効について

健康保険の給付を受ける権利は、2年で時効となります。民法では、一般の債権の消滅時効は10年ですが、健康保険では比較的短時間で時効が成立します。
時効は、現金給付についてだけ問題となります。たとえば、出産育児一時金について請求するのを忘れていると、2年たったときに時効となり、権利がなくなってしまいます。なお、現物給付については、時効は問題となりません。

時効2年 傷病手当金
出産手当金
出産育児一時金
埋葬料
医療費立て替え費用
コンテンツボトム
ページのトップへ