健康保険の仕組み

医療費支払いのしくみ

療養にあたって保険証が提出された場合、医療機関は健康保険組合が負担する分の治療費を1ヵ月分ごとにまとめて保険者(健康保険組合など)に請求し、支払いを受けるのがたてまえです。

しかし、全国には何万もの病院があり、保険者も何千もあります。それが、個々に請求し、支払いをしていたのでは、事務がたいへん煩雑になってしまいます。

そこで、医療費の請求および支払いは、社会保険診療報酬支払基金等の審査支払機関を通じて行われます。このため健康保険組合に医療費が請求されるのは、おおよそ3ヵ月後となり、健康保険からみなさんに給付金が支給される場合なども、診療月の3ヵ月後以降に行われることになります。

医療費支払いの仕組み
コンテンツボトム
ページのトップへ