健康保険の仕組み

保険給付とは?

健康保険では、被保険者とその家族(被扶養者)が業務以外のことで起きた病気やけがに対して、医師の診療を提供したり、出産をした場合および死亡した場合に定められた各種の給付金を支給します。こういった診療の提供や給付金の支給を「保険給付」といいます。

現物給付と現金給付

保険給付には、二つの方法があります。
現物給付とは、病気やけがをした場合に、これを治すために医療そのものを給付することをいいます。現金給付とは休業・出産・死亡などにかかった費用をはじめ現金で給付することです。

法定給付

健康保険法で決められている給付のことを「法定給付」といいます。これはどの健康保険組合でも共通して支給されるものです。

年齢別の給付割合

病気やけがをしたときの給付割合は年齢別に設定されています。

給付割合(外来・入院)

●義務教育就学前まで
給付割合1

●義務教育就学後~69歳
給付割合2

●70歳~74歳
給付割合3

※平成20年4月から70~74歳の(現役並み所得者を除く)高齢者は8割給付・2割自己負担となることになっていましたが、実施は凍結され、負担増にあたる1割分を国庫からまかなうことで、自己負担は1割のまま据え置かれていました。
平成26年4月1日以降に70歳に達した人については、70歳になった月の翌月以後の診療分から自己負担が2割となりました。

※平成26年3月31日以前に70歳に達していた人は引き続き1割負担となります。

コンテンツボトム
ページのトップへ